×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

生活習慣病の主な症状


生活習慣病は、さまざまな病気や症状を総称した名前ですが、細かく見てみると以下のような症例が生活習慣病となるようです。

生活習慣病の主な症状
・脳内出血@
脳出血とは、脳内にある細い血管が破れて出血することによる脳細胞の障害のことをいいます。主に50歳以上の人に多く見られる病気です。原因としては高血圧があります。長期間、血圧が高い状態が続くと、脳内の細い血管は、血管壁が薄いため破れやすくなります。また食生活が悪いと、血管がもろくなり、破れやすくなります。また飲酒量に比例して、脳出血は起こりやすくなります。喫煙や、ストレスなども影響があります。

生活習慣病の主な症状
・脳内出血A
脳内出血の症状としては、まず突然起こります。それから手足に力が入らなくなり、手足のしびれ、言葉が上手くしゃべれなくなり、めまいなどの神経症状が現れます。重症の場合は、意識がなくなり、最悪命を落とすこともあります。

生活習慣病は、以前は成人病と呼ばれていました。しかし、その後の研究で、原因の大半が長年にわたる生活習慣にあり、間違った生活習慣によって高脂血症や高血圧がどの年齢にも起こりうることが判明したため、子供のころから予防に気を付けなければならないことから、1997年頃から「生活習慣病」と呼ばれることが多くなりました。